婚活の会話の中で絶対にやってはいけないNGな会話

婚活パーティーや婚活サイトなどで、実際に異性と顔を合わせたときに、自分を良く見せようと自分の話題や逆に相手の情報を聞き出す事ばかりしていませんか? それ、あまりあからさまだと情報を与えることと、聞き出すことの一方通行になりがちなので気をつけたましょう。

会話を上手く発展させていくことで、相手の知り得なかった部分を聞き出すこともできますし、相手に興味を持ってもらうきっかけに繋がるので、会話力は婚活において超重要なポイントなんです。

今回は婚活の会話の中で絶対にやってはいけないNGな会話を紹介します。

①婚活していることを自体をネタにしない 婚活パーティーの回数や以前参加した婚活パーティーの内容などは話さない方が懸命でしょう。

回数をこなしても相手がいないほど魅力がないと思われたり、何人もの相手をキープしていると思われてしまう可能性があります。

②自虐ネタ 意外と気がつかず口にしがちです。

相手にあなたの自分の自信のなさや、慰めてほしい気持ちが伝わってしまいますし、そんなことを聞かされた相手も戸惑ってしまいます。

③過去の栄光話・自慢話 自虐ネタと併せて気をつけたいのが過去の自慢話です。

昔はすごかったなんて会話は今の自分には自信もないし良いところがないという印象を相手に与えてしまいます。

④結婚相手に求める条件を提示しない 誰でも結婚したい相手の理想や条件があるとは思います。

しかし正直に話し過ぎると、切羽詰まって余裕がないと思われますし、相手自身よりも条件でを選ぶような人と思われてしまいます。

いかがでしょうか? 身に覚えがあることあったのではないでようか? みなさん、会話には気をつけて婚活しましょうね! 婚活での会話力を磨きたい人はこちらで、詳しく恋愛テクニックが紹介されてますので参考にしてみるといいでしょう。

令和婚ドットコム