やる気のでない時に効く至極の言葉

「夏休みシーズンまでにあと○kg痩せたい」「○月までに転職してステップアップしたい」――そんなふうに目標を定めて邁進している方、日々お疲れさまです。

でも人間、モチベーションを維持するのってなかなか難しいもの。

途中でやる気が下がってしまうことだってあります。

「考えないこと」で2-6-2の法則が当てはまってしまうかもしれません。

無意識に沸き上がる思考の癖・習慣・常識と思っていることにとらわれ、いい取り組みも元に戻ってしまうのです。

目の前の仕事だけをしていたら、1年は何も変わらずに過ぎていくのです。

23年連続黒字は社員のモチベーションが10割!10年以上離職率ほぼゼロ!なぜ女性を大切にすると利益が上がるのか?人を大切にしながら利益を上げる秘密!どん底から運をたぐり寄せるコツを初公開! 円安バブルで純利益過去最高の上場企業。

だが、その裏で有能なミドル層が飼い殺しされ、グローバル化は遅れるばかり。

その構造的欠陥とは。

2対6対2の法則はチームや組織を作っていく過程で理解しておきたい集団心理の法則の一つです。

組織のバランスを整えたりモチベーションに関わる理論と法則を具体的に解説。

一般にどのような組織や集団も『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』だと言われています。

いわゆる2・6・2の法則です。

その中でパッとしない人を除いてチーム編成しても、また2・6・2の法則が働き、やはり組織や集団に貢献しない2割の人が生まれる傾向があります。

働きアリの法則は、「働きアリ(2割)/普通に働きながら手を抜くアリ(6割)/怠け者アリ(2割)」で構成されているが、働きアリがいなくなると、残り8割の中から新たな「働き者」が登場してくる。

これは人間の集団とも共通点がある。