心配性という短所は、私の長所である「気配り」にもつながる要素

世の中にはもっと重度のあがり症の人がいます。

読者さんからあがり症についての質問をいただきましたので、回答します。

「練習では暗譜で弾けていたのに、発表会で突然頭が真っ白になり、次の音を思い出せなくなった」「ステージに上がった途端、胸がドキドキして、体が思うように動かなくなった」…人前で音楽を演奏したことのある方なら、このような苦いご経験が一度はあるのではないでしょうか。

本連載では、こうした、音楽演奏時の緊張・あがりについて、さまざまな角度から考察してまいりたいと思います。

第1回は、国内外での調査結果を踏まえながら、演奏家における緊張・あがりの実態を探っていきましょう。

声楽、ピアノの初回無料スカイプレッスンいたします。

また音楽関係に関する相談にも乗ります。

発表会など、人前でピアノ演奏をするのが恐いピアノ講師です。

とにかくあがり症で、どうにもなりません。

ては動かなくなり、足は震え、悲しくなります。

日頃の練習の成果を披露する晴れの舞台であるピアノ発表会!いつものとおり弾けばいいだけなのに、緊張してしまい予期せぬところで間違ったり止まったりしてがっかりした経験を持つ人は多いもの。

そこで今回は、発表会の緊張をコントロールするためのヒントをご紹介します。

子供がすごいあがり症で、来月ピアノの発表会があるのですが、いまからどきどきして震えているといいます。

今まで2回発表会は経験していますが、毎回すごい緊張で見ていてかわいそうです。

何か対処法はないでしょうか? アプリの操作実演。

就職活動。

履歴書の自己PR、頑張ったこと。

履歴書に書く内容について悩んでいます。

専門商社の営業職を志望しているのですが、他の人にはない自分の特性、長所をどう表現していいか分かりません。

【PR】 短所は優柔不断なところです。

意見をひとつに絞りきれず、判断に時間がかかることがあります。

あがり症改善