仮面夫婦が信頼関係を修復する方法

30代前半の主婦です。

結婚7年目・4才の子供あり。

すぐ横に義父母がいて、色々面倒を見てもらっています。

とても恵まれた環境にいるのは承知の上ですが、離婚を考えています。

最近夫のことが嫌でたまらなくなってしまいました。

仮面夫婦とは、世間体あるいは経済的な事情など、さまざまな理由から実質的には夫婦関係が終わっているのに、夫婦関係を続けている夫婦のこと。

今回は、仮面夫婦になる原因や、仮面夫婦の特徴、離婚せずに夫婦で居続ける意味などを踏まえたうえで、仮面夫婦の関係修復について考えてみたいと思います。

パートナーが一方的にあなたに関心が無くなってしまったけれど、あなたはまだ愛情が残っているため、つらい思いをして仮面夫婦を演じている方に向けて、関係修復のための5つの方法を紹介します。

いつのまにか気が付いたら仮面夫婦になってしまったなんてことがあったりします。

でもご安心を。

この問題は修復していけます。

どっちが悪いということではありません。

結婚当初の時の気持ちを思い出してほしいのです。

今や3組に1組が離婚すると言われている時代です。

夫婦をしていると喧嘩もあり、時には許せない出来事も起こるかもしれません。

愛情がないのに夫婦円満を装う「仮面夫婦」。

世間体はうまく保てていても、家庭内で装い続けることはなかなか難しいもの。

そんななかで、子どもに与える悪影響は想像以上だという。

ドライな夫婦関係の代名詞「仮面夫婦」。

対外的には夫婦として振る舞いつつも、実際は愛も情も無い状態を言います。

戸籍上は夫婦でも、男女それぞれお互いの中では「終わって」しまった関係ということ。

【PR】 お互い愛情も関心もないけれど、夫婦という体裁だけは保っている仮面夫婦。

30代40代は仕事や趣味で何とか生活はできるけど、その後は?夫婦 成功