長文読解でスコアアップするためにはどうすればいい?

主宰者情報 Profile ビジネス・教育のための速読技術・高速学習法指導者。

1970年、福岡生まれ。

名古屋大学(法)卒。

元福岡県立高校教師。

高校2年生の秋に日課の立ち読みで速読と出会う。

1年にわたりトレーニングに励むも撃沈。

さらに計4つの教室での挫折を経て、7年後に独学で速読をマスター。

~「自転車の乗り方」にあって、「速読のコツ」にないもの~?「速読ができたら、どんなにいいだろう」そう思ったことはないでしょうか?こんにちは!京都のやさしい速読スクール(楽読)主催の前田英志です。

この記事は「速読」に対して興味はあるけれど、まだ不安を持っている方のために書きました。

? 速読のコツをつかむと、いろいろなことが実現されていきます。

たとえばこんなことです。

・大量の書類を前にしても、ダダーーっと一気に目を通すことができる!・月曜日の朝に大量のメールが届いていても、ササーッ!と読んでスッキリできる!1カ月に1冊読むのがやっとだったのに、5冊~10冊読めるようになる!?速読のコツをつかんだら、いろいろなことが実現できるようになりました。

「スーパー速読」講座でのトレーニングにおいて、しっかりとご指導させていただくインストラクターたちを紹介します。

速読教室は千差万別です。

価格も2万円台のものから数10万円かかるものまで。

速読教室を選ぶ際のポイントをお伝えします。

SP速読学院のインストラクターは全員が【読書速度 分速10,000文字の速読】をマスターしています。

高いレベルの速度技術をマスターしていなければ教えられません。

インストラクターの養成には半年位の時間をかけて教授法をしっかり教えられるように指導しています。

各教室のインストラクターのご紹介です。