人前で緊張してしまう

社会不安障害の説明:社会不安障害は、社会的状況や行為の際に生じる不安や緊張とそれに伴って現れる身体症状が著しく、すぐにはおさまらず、何度やってもなかなか慣れないため、社会的状況や行為を避けたくなる障害です。

中央区日本橋の心療内科・精神科 激しい動機や震えなどの極度の緊張の症状や、不安や恐怖、神経の高ぶりを抑える効果がある薬の効能をまとめてみました。

また、薬に頼らず治す方法についてもご紹介します。

人前でのあがり、緊張、震えを治療するために、病院(心療内科、クリニック)に通ったときの体験談です。

ワイパックスやパキシルなどの薬、抗不安剤、行動療法、話し方講座の効果も書いています。

人前で話すときに緊張で赤面してしまう。

会議中、ホワイトボードに字を書こうとして、緊張で手が震えてしまう……。

誰でも多かれ少なかれ緊張や不安を感じることはあるものですが、これが極度の緊張状態となり、日常生活に支障をきたすようになる。

心療内科で処方されるインデラル、デパス、ウット、イララック、薬局で買える市販薬、漢方、サプリなど色々なあがり症のための薬があります。

これらの薬はドキドキや手の震えなどの緊張・あがり症の症状を一時的に抑えてくれるかもしれませんが、あがり症を根本的には治してはくれません。

心療内科 精神科 夜間診療・日曜診療/目黒・品川・、品川、東京、精神科、メンタルクリニック、うつ病、パニック障害、ストレス、不眠等専門のこころのクリニックです。

カウンセリング受付中。