革命へようこそ―運動と脳に関するケーススタディ

脳を鍛えるために大切な要素は「運動」「社交性」「知的活動」「バランスのよい食生活」。

これらを組み合わせることで、脳内のネットワークを刺激し、予期せぬ変化に柔軟に対応できる“認知予備力”を高めることができます。

身体以上に使える脳を用意する必要がある。

「認知適応性」を高めれば脳は進化し続けると脳科学研究の結果で成果が出ています。

脳を喜ばせるために、一生懸命に遊び学ぶ。

左脳のパターン認識力を鍛えるために認知訓練。

脳トレやクイズ番組が大はやりの昨今。

脳を若々しく保つのは、現代人にとって大きな課題といえるでしょう。

知識や考えることで刺激を与えるのもいいけれど、食べ物でも脳を活性化させることも考えてみては? ジョン J. レイティ氏に「脳を鍛えるには運動しかない!」は分厚くて、小難しい話も多いと思う。

でも最高におもしろかったので、健康科学部出身のブロガーができるだけわかりやすく、図解つきで各章ごとにこの本をまとめました。

ジョン・J・レイティの「脳を鍛えるには運動しかない!」という本を買った。

この人は最近「GO WILD」という面白い本を出しているけれども、「脳を鍛えるには運動しかない!」は少し前の2009年ころに出た本らしい。

もともとのタイトルは「SPARK」だったようだけど、日本語版のタイトルは「脳を鍛えるには運動しかない!」という説明的なものになってしまっている。

「SPARK」だと内容が全く分からないので仕方がないか。

この本は、日本語版のタイトルどおり、運動が脳に良い影響を与えることを説明しているのだけれど、これを抽象論ではなく実験や調査に基づいて具体的に解説している。

結局、脳みそと身体は繋がっています。

【PR】 脳が衰える、ぼけるなどと言いますが、一言で「脳」と言っても実際は複雑な器官に分かれ、それぞれの領域が異なる働きを受け持ち、互いにリンクし合いながら機能しています。

ブレインゲーム