カメラレンタルショップ「レンタル館」のおすすめポイントを紹介していく

カメラレンタルショップ「レンタル館」のおすすめポイントを紹介していく 値段が高い上にあまり使用頻度が無いカメラ。

もちろん使用頻度は人それぞれだとは思いますが、カメラが趣味の人ではない限り、あまり使用頻度は少ないのではないでしょうか? そんな人にオススメなのがカメラのレンタルです。

長期間の使用予定を考えているのでしたら損となってしまいますが、年に数回しか使う予定が無いのでしたら一番コスパが良いカメラの扱い方だと感じます。

そんなカメラをレンタルしようと思ったらいくつか店舗があるかと思います。

どこでレンタルしようかなって考えますが、本当にショップが多すぎてわかりませんよね… 今回は、数あるショップの中でもおすすめな店舗「レンタル館」を紹介していこうかと思います。

レンタル館の魅力は取り扱い数 レンタル館の素晴らしい点。

それは一眼レフとレンズの取扱数が日本一クラスということです。

一眼レフとレンズって本当に種類が多く、数百種類あるといってもいいと思うくらいの量なんですよね…。

ショップによっては欲しいレンズが取り扱っていないことも多く、そのたびに他のショップでまた手続きをするのは面倒です。

(ショップによって借り方は変わりますので、レンタルの利点を活かすには慣れも大事な要素だと思います。

) ですので今後も借りようと考えているのでしたら店舗を1つに絞ってみるのもおすすめです。

その場合はカメラの取り扱いが多い方がいいですもんね。

ただ、レンタル館は一眼レフとレンズの取り扱い数は多いのですが、360度カメラやドローンなどのカメラの取り扱いは少ない印象がありました。

このような機種を求めているのでしたら他のショップを検討してみても良いかもしれません。

レンタル館の落とし穴|送料がかかる 逆にレンタル館の悪い部分は無いのでしょうか? 結論としては送料がかかってしまうということです。

ネットでのカメラレンタルの場合、ネットで注文した後、自宅まで宅配によりカメラが配送されてきます。

返却時も宅配便を利用して返却します。

この時に考えるのが、 「送料ってどうなるの?」 ってことだと思います。

送料についてはショップによっても異なるのですが、レンタル館の場合は返却時のみ利用者負担となっています。

送料はカメラによって異なりますが、だいたい1000円前後だと思われます。

カメラレンタルショップによっては、カメラの送料は販売店が負担してくれる事があり、基本は送料が無料となるのですが、レンタル館の場合は負担となってしまいます。

ここをデメリットとして考えるのでしたら他の店舗を見てみてもいいかと思いますが。

前述した通り、レンタル館の取扱数は多いので、レンタル館でしか借りれないといったこともありますので、我慢しなくてはならない場合もあるでしょう。

APEXレンタル館でカメラを借りてみたらどう?口コミまとめ