貨幣価値はどこへ向かっているのか

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、それは24金、すなわち純金の話です。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上を超えるような量というと600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。

ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取金額は大きく違ってくるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。

たくさんの商品を売る場合は特に、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、店の選択には注意しましょう。

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定料、手数料などといった諸費用を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が低くなることになります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

手持ちの金製品を買取に出す時には、買取価格が最も気になるところです。

それはその時によって異なるとしか言えないのです。

金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、実際の買取額もそれに応じて変わります。

ですから、納得いく金額で売却することを望むなら、常に情報収集を怠らず、価値が上がるタイミングを見計らうことが重要だといえます。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを入念に考えないといけません。

ネットのレビューで評価が低い店などはどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。

金買取業者は大抵の場合、未成年への利用規制があるのが当たり前です。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。

ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

ここ数年、金の市場価値が上がり続けているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかからないということになります。

便利な金買取ですが、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。

訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。

いきなり家にやってきたかと思うと、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、はっきり断って追い帰すようにしてください。